医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

~医進塾担当者とのやり取り~

img06-1

担当者:申し訳ないんですけれども、書けるとこだけで結構ですので、アンケート用紙に書いてもらえますか?

浪人生:卒業して結構間が空いているんですけれども…

担当者:あーそうなんですか、ハイ。志望されているのは医学部?

浪人生:はい。医学部を目指しておりまして。

担当者:国立、私立はいかがいたしますか。

浪人生:できれば国立が良いんですが、ちょっと無理だと思うんですね。
父が町医者をやっておりまして、最近体調が悪くなったので、後を継ぐことになったんですね。それで。

担当者:なるほど。ちょっと、こんな事を聞くのはアレですけれども、卒業されてから大分経ちますか?

浪人生:大分経ちますね。10年くらい経ちます。

担当者:基本的には、大学の方はどちらをご卒業されているんですか。

浪人生:大学ではなくて専門学校ですね。

担当者:そうしますと、いわゆる大学入試の受験勉強というのは今回が初めてですか。

浪人生:高校の時は一応していたんですが、理系のクラスで勉強しておりました。

担当者:なるほど、わかりました。
これが私どものパンフレットになるんですが、コースとしてはですね、国立の医学部・獣医学部のコースと、私立の医学部のコースがございます。

今からここに入っていただくということであれば、当然月割りの計算っていう形になっております。

こちらが私どもの時間割になっています。
例えば私立の医学部にするか、国立の医学部にするかっていう事に関しては、国語、それから社会ですね、基本的にクラスの授業になっていますがご希望であれば個別の授業も御座います。
まずは個別の授業を取って頂いた方がより早道で合格にまで行くと思いますね。
例えば、ここの単元に対してもう1度整理し直したい、この辺はちょっと忘れちゃったので最初からちょっと話をしてほしい。という事だと、個別のクラスっていうを別途使ってもらう。

浪人生:クラスや授業形態は個別かどっちか選べるんですか?

担当者:基本はクラスですね。というのは、個別で例えばやるということも可能なんですけれども、1つは費用が非常にでかくなってしまう事と、それからやはりペースが違うというか、周りに例えば一緒に勉強してる人がいらっしゃると、気持ちが半減する。できればクラスの授業をオススメしてます。で、必要であれば個別の指導を申請するっていう形で考えていただくのが良いと個人的には思います。

浪人生:寮とかありますか?

担当者:寮はですね、私どもの学校は女子寮しかないんです。

浪人生:女子寮はあるんですね。

担当者:はい。ご入居できる女子寮は、私どもの直接の物件なんです。私どもは学校法人なのでそこは1つしかなくて。で、後は提携している学生センターがありますので、そちらの方で例えばご紹介していただくという形になります。

浪人生:合宿とかありますか?

担当者:ございます。1つはですね、講習会ですね。講座が開かれてて、一定期間中に受けて頂く。合宿で言えば6泊して宿泊しながら勉強していく感じですね。

浪人生:6泊もするんですね。

担当者:そうですね。これは授業全部参加費も含めてこの金額です。

浪人生:先ほどの金額は何ですか?

担当者:先ほどのは宿泊だけです。泊まるだけの費用って事ですね。例えば、講習会への参加費は別。

浪人生:今、違うところも1カ所回っていまして、それぞれの特徴というか特色というのを聞いているんですが、こちらの学校ってどういったメリットがありますか。

担当者:1つはそうですね、少人数。
例えば少人数って言ってもですね、実際1クラス20人ぐらいっていう少人数がほとんだと思うんで、そのような事と比較すると、大体6名かそれぐらい。
クラスの規模としてはあまり多くない形になります。後は、まあ同じような形をとってらっしゃるところもありますけど、例えば、数学等の授業の数っていうのは、週に6コマぐらいっていうのが大体ノーマルですね。
私どもの場合は学校法人なので、授業がですね、90分の授業では10コマ入っているんです。だから、授業自体比較的多いっていう形になります。

浪人生:色々回っていて思ったんですが、他社さんの話、河合塾、レクサスさんを回ったんですが、レクサスさんは完全に学校が用意したプログラムをやる。完全管理型だったんですね、そちらと比べるとどうなんですか。

担当者:当然、こちらもチェックするようにしていますね。どういうのを身に付けたのかとか、あまり拘束的に話をしていくという事は無いですね。
例えば、授業を受けるこういうクラス、その中でも希望とか、そういったものも私どもが聞きますし、実際に相談する中でチェックをしていくんですね。

浪人生:駿台さんや河合塾さんに行く方が多いですが。

担当者:そうですね、いわゆる大手の予備校さんですので、まあどちらかというと、ある程度力を持っている人、その授業の中でチェックしていく。

浪人生:それは皆さん自分で勉強をしてスケジュールも立てられる人。

担当者:そうですね。
例えば解いてる事もノートを見て、アドバイスします。
この90分の授業が2コマずつありますけど、完全に別れてるんですよ。
基本的には全体的な説明をしていきます。もちろん質問が出てくると思いますので答えていきます。
他の子が分からないことも自分だけ分かった気にならないで一緒になって解決していく。
そういうことが大事になってくるわけなんですね。
そういう意味では心強いと思います。その中で自分がどういう位置にあるのかが言いやすいっていうのがメリットとしてあると思います。

浪人生:出来上がってる子とか自分で勝手に勉強していく人には不向き?

担当者:そうですね。

浪人生:逆に野田クルゼさんは、結構下の子も積み上げてくれるような教育をしている。

担当者:そうですね。野田さんは昔から比べるとそういった教育の仕方ですね。
まあそういう意味で言えば、昔よりは少しスパルタ的な要素があるんじゃないかとは思いますね。前はお高く留まっていましたよ

浪人生:あ、そうなんですか?

担当者:高学歴を売りにするっていう感じですね。なので最初の段階で出来る子だけを入学させている。

浪人生:最後に、ここに入るメリットを。

担当者:私どもの場合は、こじんまりとした環境の中ですし、学校法人なのでこの建物とか設備とか全然良いですし、家賃払ってっていうワケではないです。
そういう意味では、結構相談する中で、それぞれに合った形の中でまあ学習環境が良いと思います。
あと講師との距離が非常に近いので、不安があればそういう話もできますので、その中で勉強の仕方や今後の対策の仕方などを話し合うこともたくさんあります。

浪人生:講師は何人ですか?

担当者:講師はそうですね、全部で20人くらいいますね。非常勤もいますが。

浪人生:非常勤なんだ。

担当者:いや、ほとんどは常勤です。

浪人生:クラスが3クラスあるんですか?

担当者:えっと、4クラスです。

浪人生:資料をいただいていいですか?

担当者:これを全部お持ち頂いて。

PAGE TOP