医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

~レクサス担当者とのやり取り~

img08-1

担当者:よろしくお願いします。雨の中ありがとうございます。

浪人生:いえいえ、宜しくお願いします。

担当者:ご希望は医学部の方ですか。国立と私立がありますがどちらの方?

浪人生:そうですね、なるべく早く合格したいので、私立ですね。うちの父が町医者でやってるんですが、ちょっと体調崩しまして。

担当者:大変ですね。

浪人生:はい、急きょその病院を継ぐような形になりまして。

担当者:あーなるほど。何か目標にされている大学とか特にありますか。

浪人生:いや、もう医者になれれば。

担当者:あと受験勉強をどのようにやられているかとかですね今の現状ですとかを聞きたいのですが。まずは高校卒業したあとはどういった経緯で現在に至ったのですか?

浪人生:高校を卒業して大学に行ったんですが、工学部系だったんですよ。そこを一年で辞めまして、そこから専門学校に。アパレル関係に進みまして、今もずっとそのアパレル関係で働いてます。

担当者:そうしますと一応その理系の勉強っていうんですかね。昔でいう数学3,Cのあたりですね、そのあたりは一応お勉強されてるんですね?

浪人生:はい、一通り勉強しています。理系のクラスにいましたので。

担当者:理科の方も一応履修されてるんですね、わかりました。中にはそういうのまるっきり経験がない方もいらっしゃいますので、そうなるとまたちょっといろいろと大変なので。

浪人生:そこから医学部を目指す方もいらっしゃるのですか?

担当者:最近多いですね。たぶん、ここ2、3ヶ月だけでも10人くらいの方とお会いしているかなと思いますけどね。私一人ではないんですけどね。レクサス全体という形で。

浪人生:どういう動機なんでしょうね?

担当者:そうですね、やはりおうちがそういったお仕事をされててっていう方もいらっしゃいますし、それから逆に大学卒業されて仕事に就いてみたけども、自分の思ったものと違うとか、もっといろいろと自分の可能性を試したいとか、いろんな事情で医学部人気が、大学卒業生の間で高まっているっていうんですかね。
他の学部っていうのは、大学を卒業したあとどうなるかってわかりませんしね。医学部の場合には卒業した後もある程度は見込みが立つっていうのもあります。
そういうところで皆さん何か心機一転巻き直しって事を考えた時に医学部の方で非常に今、そういう方もいらっしゃいますし、それから現役の方高校生の間で医学部人気が非常に高まってますので、非常に激戦になっています。
たぶん10年くらい前の受験生の1.5倍くらいはいると思うんですよね。昔は国立と私立の受験生は完全すみ分けって形だったんですけど、近年私立の医学部の方が受講料が下がってるんで、国立の受験生で私立受け直しするって人が増えてるんですよ。そのせいだと思うんですけど、非常に合格の基準点っていうんですかね、それが非常に上がっています。浪人生さんの場合ですと高校ご卒業されてからもう何年くらい経ちますか?

浪人生:もうすぐ10年くらい経ちますね。

担当者:そうすると内科の扱いとしては受験勉強している期間かどうかは別として10浪扱いなんですよね。
高校卒業して10年経ってるって事は10年浪人してるのと同じ扱いになります。

浪人生:あーそうですか。そういう事になるんですね。

担当者:今の医学部の入試というのはこういう風になっていますね。
まず私立の場合ですと英語と数学と理科2教科ですね。それで、一次試験と二次試験っていうふうに試験が2回に分かれてます。で一次試験の方は点数で見てくれてですね、倍率高いところで40倍なんてところもありますけども、たぶん実際的にはですね、その一本の受験者の2割から大きくても3割いかないと思うんですね。2割前後の方が一次試験合格できると思うんですよね。

その受かった2割前後の学生さんに対して、今度は大学側がその面接と小論文を中心とした二次試験となるんですけれども、一次試験はたぶんそこまで来た経緯に関係なく点数だけでボーダー引いて、二次試験の方は、そこまでの経緯みたいのを重視する傾向が最近顕著です。これはあの私立に限らず国立の方もそうですけども、卒業してからの年数が経ってる人はかなり不利です。それはご存知ですか。

浪人生:えー、そういう話しは聞いてます。

担当者:結局10浪扱いって事になってしまいましてね。どうしても、その一次試験の成績が実はほとんど
合格を決める要素になってまして、二次試験の面接とか小論文のウェイトって実は意外と高くないっていうのが僕たちの感触なんです。
そうすると例えば一次試験受かりました。でもボーダーラインぎりぎりですっていうと、卒業してからの年数の経っている人は二次試験蹴られちゃうんですよ。実際そういう扱い受けてますので、先生の話しでは。

面接の時にそういう事はっきり言われてる人もいますし。例えば一浪現役くらいの方と10年経ってらっしゃる方が同一の点数で並んだ場合には十中八九一浪現役の人が合格します。
逆に一次試験の成績が取れてても試験官の点に適わないようなちょっとこう変わった方ですとか、発言に問題があっただとか、そういう方は意外と一次試験の成績があっても切られてしまうわけなんですけれども。

勉強のさせ方なのですが自分で何かしたいとか、僕はこうしたいんだこの方が良いんだっていうのは一切通用しないようにしています。

そのへんでかなり合う合わないは、はっきり分かれます。自分で思い通りにしたいっていう人もいます。

ただそれをやっていると能率が落ちてしまったり目標のところまで行けなくなってしまいますので、私どもはそういった部分で生徒さんのわがままは最初から認めないっていう約束でやっているので途中ででもそういうのがあったら辞めさせてます。
よくあるのが秋くらいになるとこの予備校夜9時半までやってますので、家に帰って難しい問題集引っ張り出して夜遅くまでやって、そういう子に限って朝遅刻してきたりするんです。

浪人生:あーそうですか。不安で勉強してしますんですね。

担当者:自慢げに昨日ちょっと問題集やって、遅くまで起きてて寝坊しちゃいましたってなんかちょっと褒めてくれと言わんばかりですが、ダメだって話するんですね。

夜の遅い時間での勉強はやっても能率が悪いんですよ、夜中はやめなさいって話するんですが、そういう生徒さんに限ってやめないんですよね。結果も着いてこないです。うちのやり方に完全に乗ってそのシステムを使い尽くすつもりでいただきたいんですよね。
そうしないとせっかく時間とお金かけられても無駄になってしまうと思うので、そういったところになっていただけると良い結果の方に繋がるんではないかと思うんですよね。

今日は何か資料なんかご覧になっていらっしゃいました?

浪人生:いやまだですね。いろいろ予備校をまわっている最中でして、事前に学校のことを調べるってことはまだやってないです。

担当者:あーそうですか。それぞれみんなやり方が違ってかなり特色があると思います。私どもの場合ですと、朝の9時半から夜の9時半まで完全拘束体制でやる事は全部予備校が決めて、強制的に進めてもらう。それを全部チェックしてそれが身についてるかどうかの確認をずっとやってくっていうのが流れなんです。

浪人生:少人数なんですね。

担当者:はい、1クラス9人以内ですね。
予備校によっては夕方の5時、6時まで授業をやってるところもあるんですけども、いくら授業を聞いても聞くだけでは身にならない、聞いて分かるのと自分ができるのは全然別ものだっていう考えなので、必ず生徒さんにその習った事をやっていただくっていうステップを踏まえているんですね。

習ったことが頭に残ってないんだったら全く無意味だと思うんですよ。
いくら良い授業を受けて良いシステムで勉強しても、頭に残んなかったら試験場に道具とか知識持ち込めませんので、それは結果に繋がりませんよね。

浪人生:確かにそうですね。ちょっとご質問なんですが、ここはコースが分かれてますね。

担当者:今年でいえば選抜のコースは選抜テストを受けることになります。個別はどなたも入れるコースになってます。

浪人生:ここは寮はありますか。

担当者:はい、ございます。寮はこの建物の裏辺りにですね、去年新築でできたばかりなんです。

浪人生:あーそうですか。

担当者:非常に快適ですし設備の面もかなり整ってますので

浪人生:あー綺麗ですね。

担当者:この辺には、ワンルームマンションなんかも勿論あるわけなんですけど、きっとレクサス生ですよね、レクサスの所有ですから。まず近いという事ですね。

ワンルームマンションをお借りになりますと、照明から何から何まで揃えなきゃいけないんですが、ひと通り机、ベッド、冷蔵庫、エアコン、洗濯機など全部揃ってるんですね。

生活以外は普通のマンションと違っていろいろと制約はあります。お互いの部屋に行き来できないようになっています。もしやったらすぐに退寮してもらいます。監視カメラ全フロア入ってますから、もし行き来すれば確認もしていますので即寮を出ていただきます。

浪人生:ちょっと時間がないのであれですけど、ちょっと聞きたいのがお話しづらいかとは思うんですが、ぜひ聞きたいことなのでお願いしたいんですけど、今10個くらい回ってるんですよ。

担当者:あーそうですか。

浪人生:さきほどはメルリックス学院さん、大手の駿台、河合塾さんも今日回って来たんですけど、野田クルゼさんもメディカルラボさんも回ったんですが、それぞれ特色があったんですけど、レクサスさんのここはっていうところがあれば伺いたいんですけど

担当者:やっぱりさきほどの管理学習でしょうね。
他は特に大手なんかはメルリックス学院さんなんかもそうですけども、基本的にその授業終わったあとは生徒さん任せなんですよね。何をどうするかっていうそのやる事自体も。

ただその部分で試行錯誤してるのは非常に時間のロスにも繋がりがちですし、立てた計画が実行できないことが多いんですよ。だいたいそういうふうになってくると、秋口あたりに個人指導でフォローしようっていうふうな話しになるんですけど。

個人指導っていうのは薬じゃないですからそれ付けたからって言って、高々数ヶ月週に何時間かやって急に改善するものでもないんですね。そうではなくてやっぱりメインディッシュのクラスの授業をきちんと受けて、そこで勉強したことをきちんと身につけるっていう事ですね、それが出来ないと合格までいけないですね。

うちは本気で勉強したい人には非常の良い環境だと思うんですよ。夜の時間帯夜間指導って言ってますけども、この時間帯ですね。この時間帯課題やれって言ってるだけじゃなくて質問受付やる先生を、15人から20人くらい配置してるんですよ。

浪人生:1日にですか??

担当者:はい、昼間の時間授業やってますけどそれと同じくらいの人数、もしくはそれ以上の人数の先生が学生さんではない先生ですね。そういう方が質問受付やってて待機してるんですよ。

一人10分っていう制限時間1回につきありますけれども、もし終わっちゃったらまた並ぶ。
そういうのもあるから、それだけ先生を配置してるところってないと思います。質問できるって言っても、それが大手さんなんかですと、学生さんだったり授業担当してる先生はお忙しくて。
ここはその授業を担当しているようなきちんとした方が夜の時間にいます。

浪人生:そうなんですね、素晴らしいですね。

担当者:夜の時間帯入って来るとそこに先生がズラッと座って生徒さんたちを待ってるってことですね。

浪人生:凄いですね!

担当者:これはなかなか珍しい光景ですよ。

普通の予備校ですと夜の時間帯自分で復習しろでおしまいなんですよ。勉強できる人とできない人同士に分かれちゃうんですが、私どもの予備校の場合一学期と夏は少なくとも授業で習った問題は、例題、夜の勉強の課題としてお渡しします。それを答えなしでやっていただきます。授業で習った場合ですから答えなしでも本当はノート見なくてもできるはずなんですが、分からなければ答えは教えてくれませんけどヒントはくれます。自力でやってそれを提出してもらいます。

担当者:お時間があればちょっとお聞きしたいんですけど、現時点で例えば英語とか数学の基礎っていうのはどういう
浪人生:基礎はもう皆無ですね。

担当者:なるほど。例えば今大学卒業していらっしゃる方がいるんですけどね、その方が去年この時期までお仕事されてました。8月にお仕事を辞められて9月から勉強始められて、こういった相談させていただいたのでお薦めしたのは9月から1月の期間までは数学と理科の教科書をやってもらってそれを全部やったんですよ。その方全部やりました。

浪人生:そうなんですか。

担当者:その方は去年の現時点ではもう受験勉強はやってなくて、勿論英語なんか昔の受験勉強全然忘れてしまってる状況ですよね。そういったのは一つモデルケースだと思います。

浪人生:凄い人もいるんですね。

担当者:ただそういう方は過去にもたくさんいらっしゃいますよ。だいたい上手くいってるのは、その次の年の予備校に入るまでに、数理のその英語もそうですけど一巡全部自分でやって、もし自分でできなかったらそこは僕は個人指導使った方が良いと思うんですクラスじゃなくて。

受験どんなものなのか、お薦めはじゃ帝京大学あたりですね。受験科目が選べるんで数学とかはなしでも受けれますんで。それで1回やってみてどんなものなのかどんな雰囲気なのか掴んで、それでそこから予備校に始まるまでもう一巡自分で勉強してっていう形の勉強をお薦めします。二巡くらいしないと4月からの予備校の授業についていけないです。教科書だけやって予備校の授業を受けようとすると結構厳しいですから。

浪人生:そうなんですねぇ

担当者:いえいえ、大変だと思うんですけど、今年医学部の受験大変になってきちゃってるんですよ。

浪人生:それはどこ行ってもお伺いしますね。

担当者:いろいろご検討いただいてまた必要でしたらご連絡ください。どうもありがとうございます。

浪人生:ありがとうございました。資料はいただけますか。

担当者:どうぞこちらの方一式お持ちいただけますけども。

浪人生:ぜひいただければと思います。

PAGE TOP