医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

社会人の再受験者は、効率よく短期勝負で

社会人はいかに効率よく最短で合格を目指すかが勝負!

最近は他の学部から、または社会人になった後で医学部に入り直す再受験者が増えています。4万人近くに上っているというデータもあり、毎年、再受験から数多くの合格者が出ています。地域によっては医師不足の状態が続いており、医療に熱意のある医師が増えることは、医療の充実のためにも必要なことです。そのためにも年齢のハンディがある社会人の再受験者は、効率良く最短で、医学部合格を目指すことが重要になります。

短期勝負でどれだけ勉強時間を確保できるか!

choose99-1社会人は浪人生、現役生と比べて、受験勉強に必要な時間と学力が不足しているという問題があります。仕事を持つ社会人は、1日12時間勉強しても時間が足りないと言われる、難関の医学部受験は到底覚つきません。さらに大学を卒業して時間が経つほど、学力も集中力も落ちているので、浪人生や現役生と比べてハンディが大きくなります。医学部受験ができる学力に戻すだけでも相当の努力が必要です。仕事を辞めて受験に専念できることが望ましく、1分1秒でも早く勉強時間を確保できる方法を見つけることです。

学士編入という選択もある!

大学を卒業した社会人であれば、一般入試以外に学士編入を目指す方法も選択できます。一般入試では、現役生や浪人生とまったく同じ条件で受験するため、社会人にはハンディとなりますが、学士編入は2年次、3年次に編入が可能で、一般入試より倍率が低く、社会人には有利な方法です。大学によって出題形式が異なり、開示される情報が少ないため、対策が取りづらいところが課題ですが、一般的には1次試験で英語と生命科学系の筆記試験、2次試験で面接と小論文です。受験科目数が少ないので、試験準備はしやすいメリットがあります。

再受験専門コースの医学部予備校を活用!

choose99-2社会人の再受験者は、志望校の再受験受け入れ傾向についてチェックし、再受験可能な場合は入試科目や出題範囲を確認し、必要な科目に絞って効率よく受験対策を進めることが重要です。医学部専門予備校では再受験者の増加に伴い、専門コースを設置する学校が増えています。中には仕事を終えてから授業に通えるカリキュラムもあり、弱点科目1科目だけ受講できるコースもあります。春期、夏期、冬期など短期集中講座を受講し、レベルチェックするのも良いでしょう。最新の受験情報を得られるメリットもあります。

PAGE TOP