医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

受験戦略なら医学部専門予備校

情報に基づく綿密な戦略が勝負を分ける!

医学部合格を目指す受験生は、ある程度の学力が必要なことは当たり前。もし、医師になるという強い気持ちがあるなら、1~2年しっかり学習すれば、受験レベルの学力を身につけることは可能です。ただ、医学部受験で何年も浪人してしまう人が多いのも事実。中には全国模試では良い成績なのに、本番の試験で結果が出ないという人もいます。医学部受験で勝負を分けるのは、情報に基づく綿密な戦略です。医学部合格を攻略するため、受験情報を制してください。

入試傾向と自分の学力・性格を分析!

choose101-1「彼を知り己を知れば百戦殆(あやう)からず」これは2500年以上前に書かれた、中国の兵法書「孫子」の有名な一節です。医学部受験はよく情報戦と言われますが、医学部攻略のカギはまさに情報にあります。その情報とは何でしょうか?孫子の格言で言うところの、「彼」は「各校医学部の入試傾向」、「己」は「自分の学力・性格」になります。目指す医学部の入試傾向を知り、自分の学力と性格を正しく知れば、医学部合格を手にすることができるのです。

質の高い情報を得るなら医学部専門予備校へ!

各校の出題傾向を知っていれば、志望校を選択する際に、自分の得意科目と照らし合わせて、偏差値が合格レベルに届かなくても、合格を狙える可能性もあります。ささいな情報が合否を分ける医学部受験。質の高い受験情報を得るには、医学部専門予備校に通うことがおすすめです。全国の各医学部の長年の過去問を収集し、出題傾向を把握。模試や校内テストなどで、自分では気づかなかった得意・不得意分野が明確になります。その上で最適な志望校を提案してもらえるので、合格率がグンと高くなります。

合格率の高い予備校は戦略が明快!

choose101-2ただ、漫然と医学部予備校に通っていても、十分ではありません。日ごろから「彼を知り、己を知る」という明確な目的意識を持ち、医学部予備校が持っている情報力を活用することが重要です。合格率の高い医学部予備校は、受験戦略が明快であると考えて良いでしょう。学生の得意分野と各医学部の特性を、戦略的にマッチングしているのです。生徒一人一人が本当に必要な分野の勉強に「選択と集中」をすれば、限られた期間でも確実に成果が出せるはずです。

PAGE TOP