医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

医学部予備校の夏期講習の選び方

夏期講習を欠席した場合、欠席授業の振替制度や返金制度があれば良いですが、自己都合で欠席しているので、期待はできません。一方で、受講の途中で講師の変更を希望したり、予備校の決められたカリキュラムに、自分に合った目標を設定するなど、具体的な要望をしたりすることは可能です。自習室のスペースが十分かどうかなどチェックして、受講後に合わないと分かった場合、返金制度が利用できるのかも重要なポイントです。 ... 続き

夏はどう過ごす?夏期講習期間が重要

夏期講習の活かし方が合格を左右する! 6月になると医学部予備校の業界では夏期講習の募集時期に入ります。夏が終わると生徒間で、成績や意識の差が広がり、秋頃には講師やスタッフの間で何となく合格者の予想がつくようになります。夏の過ごし方が医学部合格を左右することは間違いありません。現役生、浪人生ともに出席率が低くなりがちな夏期講習ですが、逆に言えば、真面目に努力した生徒は、夏期講習期間に他の生徒と... 続き

医学部予備校に通うことのメリットまとめ

医学部合格を目指すためには、専門予備校や塾、家庭教師を利用する方法があります。それぞれの勉強法が持つメリットはありますが、予備校だけが持つメリットについてご紹介します。予備校を選ぶ際、そのメリットがきちんと生かされているかどうか、チェックすると良いでしょう。見学会や学校説明会などを利用して、予備校の特色を理解するようにしてください。   ムダのないカリキュラムで勉強に集中できる ... 続き

医学部予備校は実績を総合的に評価して選ぶ!

医学部予備校の実績と言っても、表現が漠然としていて、具体的なイメージを描きにくいと思います。予備校の実績を測るにはいくつかの基準があり、進学率が目安になることが一般的です。ただ、本当に生徒目線に立った優良な予備校であるかどうかは、いくつかの基準を総合的に評価することが必要です。志望大学が私立か国公立かによっても、選ぶべき予備校のタイプが変わるので、予備校ごとの得意分野を把握することも重要です。 ... 続き

医学部予備校を学費で比較する際のポイント

医学部専門予備校や家庭教師の授業料は、大手予備校より高額になりがちです。学費が高い分、丁寧な指導や学習環境の整備面では充実しています。医学系専門学校や家庭教師を利用しても、学費が安い国公立大学の医学部に合格できれば、トータルでは費用を安く抑えられるという見方もできます。ですから、学費で予備校を比較することも重要ですが、自分が受験勉強に専念できる環境を選ぶことで、早期に合格を実現できると考えることも... 続き

必見!医学部予備校の入試の重要性について

医学部予備校の入試は最短距離で合格するため! 医学部予備校では、入学前にテストを実施しています。学校説明会に参加された際、その詳細をしっかり聞くようにしましょう。入学前のテストは、クラス編成や個人の実力を把握する目的で行われることが一般的です。点数が一定以上でなければ不合格になる予備校もありますが、逆に入試を実施しない予備校は、合格まで指導する責任体制や信頼性に疑問符がつきます。効率的な受験勉強... 続き

私立医学部専門の予備校3校を比較

私立医学部は基本的に大学ごとに明確な出題パターンがあるため、準備や対策はピンポイントで行うことが有効です。受験生も必要な範囲に絞って集中して学習できるので、限られた時間を有効に使いながら、学力を最大限に伸ばせます。過去問分析や自分の学力傾向にあった出題形式、傾斜配点を行う私立医学部を選択できれば、合格率も高まります。そのためにも、私立医学部の受験対策に特化し、経験とノウハウを持った実績のある医学部... 続き

独学で医学部合格を目指すなら、予備校で苦手科目の強化を!

医学部の進学費用のことを考えると、医学部予備校に通うことにためらいがある受験生も少なくありません。元々、学力のある生徒なら予備校に通わず、独学で勉強すれば十分という方もいます。ただ、医学部受験は情報戦とも言われているので、受験情報やノウハウを持つ予備校に通うメリットが高いことは確かです。基本は独学の勉強スタイルでも、苦手科目をフォローするために活用する方法もあるので、負担にならない利用の仕方を考え... 続き

医学部予備校の合格実績は最終進学者数が一番重要!

医学部予備校によって合格実績の表し方が大きく違います。中には不透明な数字を実績として掲載している医学部予備校もあるので、注意が必要です。一次合格者の実績のみを掲載している、補欠対象者を合格実績としている予備校が存在する他、私立医学部のように複数受験者がいる場合は、通常、一次と二次の合格者数の重複を掲載しています。一方で国公立医学部の合格実績は重複がないと判断できます。合格実績で医学部予備校を判断す... 続き

在籍生や卒業生から評価の高い医学部予備校3校

医学部予備校を選ぶときのポイントは指導方法、受験サポート、実績、学習環境、学費の5つが挙げられます。5項目すべてがバランス良く揃っていれば、それが一番ですが、実際は指導方法や受験サポートに力を入れている、学習環境が恵まれている、実績重視など医学部予備校によって特色があります。受験生の学力や適性、志望校の入試傾向に合わせ、最適な予備校を選ぶことが需要です。在籍生や卒業生から評価が高い全国の医学部予備... 続き

現役生に定評がある医学部予備校3校

現役高校生が医学部予備校を選ぶ場合、一般的な大手予備校と医学部専門予備校をどのように選べば良いか、迷いがちです。現役医学部合格者にヒアリングしたアンケート結果によれば、医学部予備校選びのポイントは学年ごとに授業が設定されている、面談に時間をかけてくれる、いつも質問できる環境がある、推薦対策の授業が充実しているとあり、一般的な大手予備校よりフォロー対策は専門予備校の方が良いという結果が出ています。現... 続き

医学部現役合格のためには、中高生から医学部に特化した専門予備校へ!

現役合格するには中高生から医学部専門予備校へ! 真面目に勉強し、学校の成績は優秀なのに、模試で点数が取れないと高校3年生の夏ごろになって慌てる受験生が多くいます。残念ですが高校3年生の夏頃から受験勉強を始めても、半年では間に合わないケースが多いです。高校1~2年生、または中学生からじっくり受験勉強に取り組んでいれば、現役でムリなく医学部合格ラインに到達することが可能です。医学部現役合格のためには... 続き

医学部受験戦略に定評がある予備校

医学部を受験するために必要なのは、まず学力です。特に国公立大学医学部を志望するなら、偏差値70レベルを目指す必要があります。私立も慶応義塾大学のような難関大学は、偏差値70超えです。他の私立大学も難易度は上がっていますので、受験するためには学力レベルを上げることが必須。ただ、学力だけで合格できるわけではありません。各校医学部の最新の入試傾向を捉え、合格するための戦略を立てることが重要です。医学部合... 続き

受験戦略なら医学部専門予備校

情報に基づく綿密な戦略が勝負を分ける! 医学部合格を目指す受験生は、ある程度の学力が必要なことは当たり前。もし、医師になるという強い気持ちがあるなら、1~2年しっかり学習すれば、受験レベルの学力を身につけることは可能です。ただ、医学部受験で何年も浪人してしまう人が多いのも事実。中には全国模試では良い成績なのに、本番の試験で結果が出ないという人もいます。医学部受験で勝負を分けるのは、情報に基づく綿... 続き

社会人の医学部受験に最適な予備校3校

最近の医学部受験者は、社会人が増える傾向にあります。受験と仕事の両立は難しいため、多くの社会人受験生は会社を辞めて、受験に専念することになります。経済的負担を減らすために、独学で勉強するケースもありますが、年々、医学部受験の難易度が上昇していることから、予備校を利用した方が賢明です。社会人の場合は年齢の条件もあるので、最短で合格を目指す必要があります。教育ローンなどを利用する方法もあるので、活用し... 続き

社会人の再受験者は、効率よく短期勝負で

社会人はいかに効率よく最短で合格を目指すかが勝負! 最近は他の学部から、または社会人になった後で医学部に入り直す再受験者が増えています。4万人近くに上っているというデータもあり、毎年、再受験から数多くの合格者が出ています。地域によっては医師不足の状態が続いており、医療に熱意のある医師が増えることは、医療の充実のためにも必要なことです。そのためにも年齢のハンディがある社会人の再受験者は、効率良く最... 続き

医学部予備校のおすすめ全国模擬試験

各医学部予備校ではオリジナルの模擬試験や、全国の受験生が集まる全国模擬試験を開催しています。自分が希望する志望校の偏差値レベルに達しているかどうか、学力の進捗具合を知るうえで、模擬試験を活用することは有効です。特に個別指導や少人数制クラスの授業で、受験指導を行っている医学部予備校では、自分の学力が目指す学力に届いているのか、客観的に把握することが必要になります。国公立医学部、私立医学部問わず、学力... 続き

医学部模試は結果に一喜一憂せず、対策を練る

医学部模試の偏差値や判定は一つの指標だと考える! 医学部受験生の相談で多いのが、模擬試験の活用法です。「模試の結果が悪かったので、もうダメでしょうか」「この成績で今年、医学部合格は大丈夫でしょうか」など。模擬試験の使い方が正しければ、有用ですが、間違った使い方をして損をしている医学部受験生が多いようです。偏差値の判定は自動的に決まるもので、合格の可能性を直接反映するものではありません。偏差値の判... 続き

医学部予備校3校の春期講習を比較

医学部予備校では夏期講習や冬期講習が注目されますが、受験勉強は早めにスタートすることが何より重要です。医学部予備校の中には、春期講習に力を入れているところがあります。現役生を対象にした講習もありますが、予備校生活のスタートを春期講習から始めることもできます。体験授業は無料ですし、予備校によっては定員制ですが、全講座を無料で受講することもできますので、ぜひ、チェックしてみましょう。春期講習を実施して... 続き

夏の過ごし方が医学部合格に大きく影響を与える

夏期講習も講師の選択が合格を手にする重要ポイント! どの予備校でも夏期講習が終わるころになると、生徒の間で成績や意識の差が広がります。夏の過ごし方が医学部合格に大きく影響を与えることは確実です。現役生、浪人生問わず、どの受験生にも言えることは夏期講習の出席率が低いことです。これでは、せっかくの学力を伸ばす時期を活かすことができません。夏の間にライバルに差をつけられないために、予備校の夏期講習でも... 続き

私立医学部専門予備校3校を比較

医学部予備校は国公立、私立によって出題傾向が異なるため、私立医学部医学科に特化した受験指導を行う予備校があります。予備校としては私立に特化することで、人材と資源を集中することができるので、受験対策を幅広く行う医学部予備校に比べ、指導・対策がピインポイントで行えます。受験生にとってもムダのない効率的な学習ができるので、限られた時間で最大限学力を伸ばすことが可能です。私立医学部の受験対策に関するノウハ... 続き

医学部予備校の営業トークを見極める

医学部予備校の営業トークから予備校を見極める! 受験シーズンが終わると、医学部予備校の広告や宣伝をよく目にするようになります。医学部予備校を検討中の受験生は、資料請求をして比較する人もいるでしょう。医学部予備校側としても早めに生徒を獲得したいということがあり、資料請求をした受験生に営業アプローチをかけてきます。実際に予備校に話を聞きに行けば、他の予備校と比較したデータを持ち出すこともあります。予... 続き

医学部予備校を選ぶ際の3つのポイント

医学部予備校の質を決めるのは、講師や指導方法、サポート体制がしっかりあることです。指導方法については個別指導、少人数制クラス、集団授業とあり、生徒の勉強スタイルにあった指導方法やサポート体制を選んだ方が良いです。また、講師については体験授業などを通して生徒との相性を見極めると良いでしょう。どんな指導方法、サポート体制でも、また、どの講師であっても、押さえておきたいポイントはありますので紹介します。... 続き

最適な医学部予備校を選び直し上手に活用

医学部予備校を上手く活用し、合わなければすぐに辞める! せっかく入学した医学部予備校は上手に活用したいものです。ただ、通い出しても、学力が伸びている実感がなく、授業が非効率だと感じるケースもあります。自分がサボっているなら、成績が伸びないのは当然ですが、しっかり勉強していても伸びないのは、予備校のカリキュラムやシステムに問題がある可能性が高いです。そのまま続けていても時間とお金のムダなので、最適... 続き

医学部予備校を学費で比較する際のポイント

大手進学予備校と比較すると、学費が高額な医学部予備校ですが、それだけ丁寧な指導を受けることができます。また、大手予備校の場合、夏期講習や直前講習など別途受講する必要があり、入学後に学費が発生しますが、医学部予備校では学費に含まれるケースが多いです。また、学習管理が徹底しており、自己管理が苦手な受験生が、親身な指導で医学部合格を実現しています。実際、受験に失敗し、大手予備校から医学部予備校に移る受験... 続き

医学部予備校の学費は合格するための必要経費

医学部予備校の学費は合格を勝ち取るための必要経費! 医学部予備校選びで大きなポイントとなる学費。予備校の学費はなるべく抑えたいという方が多いはずです。しかし、安ければ良いということはなく、特に教育の分野では講師やスタッフの確保など優秀な人材を集める努力をしていれば、相応の授業料が必要になることは想像できます。予備校講師の方によれば、無料を大きく謳っている予備校には注意が必要だとか。医学部予備校の... 続き

医学部専用コースのある大手予備校の評判

医学部受験のための予備校には、医学部のみの専門予備校と、一般の大学受験向けの大手予備校が設置した医学部専用コースがあります。大手予備校は全国規模のネットワークがあり、高い知名度とこれまで受験予備校として実績を積んできた信用があります。講師陣も実力のある有名講師が多数、在籍しており、医学部専門予備校に比べて、授業料を抑えられるというメリットもあります。全国規模の大手有名予備校の三校の評判を比較しまし... 続き

医学部予備校選びでは雰囲気や管理体制も見逃せないポイント

医学部予備校の管理体制や雰囲気もチェックポイント! 医学部予備校選びでは、講師や指導方針だけでなく、予備校の雰囲気や管理体制なども、ぜひチェックしておきましょう。特に専門予備校の場合は、大手予備校にはない受験生の生活面の指導やサポートがあるという点が大きなメリットです。限られた期間で難関とされる医学部合格を勝ち取るために、全面的なバックアップ体制があることは、医学部予備校選びでは見逃せないポイン... 続き

東海大学医学部編入対策講座を設置した予備校

医学部受験には学士編入という選択肢があります。中には文系出身者でも編入することが可能な、山口大学や東海大学医学部があり、大学2年または3年次からスタートできるため、時間もお金も節約できる大きなメリットがあります。特に東海大学医学部は短大卒や専門卒でも入学が可能なため、全国的に注目されています。ただし、それだけ編入試験は一般入試より競争率が高く、レベルの高い受験生が集まるため、難易度が高くなっていま... 続き

医学部専門予備校の本質は施設の充実より医学部合格

医学部予備校は施設の充実より授業内容とサポート体制! 今どきの医学部専門予備校の施設は、新しくてキレイなところばかりです。自社ビルのところもあり、内装のインテリアに凝っていたり、高級ホテルのような贅沢な造りの予備校もあります。年頃の受験生なら「こんなキレイでオシャレな予備校に通いたい!」と思うでしょう。しかし、勉強の環境は重視すべきですが、必要最低限クリアしていれば問題ありません。重要なのは施設... 続き

医学部予備校の高卒生、現役生の時間割

医学部予備校の高卒生クラスでは、1コマの授業時間数を90分または50分に設定しているところが多いです。90分授業だと講義と演習を交えながら、知識の理解が容易になります。50分授業では人間の集中力の平均時間が50分とされているので、集中して1つの授業を学べます。授業時間は勉強の質に影響するので、体験授業などを利用して自分の勉強のリズムに合う方を選んでください。大手予備校、専門予備校の時間割の特徴を紹... 続き

医学部予備校選びには情報の質、量、速報性を目安にする!

医学部予備校選びは情報量・質・発信力を選択基準にする! 広報ツールにブログやFacebook、TwitterなどSNSを利用する医学部予備校が増えています。ブログやSNSはその予備校の本質やスタッフの力量を表しているので、予備校選びに役立ちます。入学を検討している予備校のブログの内容が、大学生アルバイトに書かせているような記事なら、その予備校の本質が出ていると言えます。また、情報戦とも言われる医... 続き

中学生から医学部を目指す学習塾の比較

中高一貫校に通っている生徒で、医学部を志望する生徒の多くは、中学時代から医学部進学コースのある学習塾に通っています。中学生から医学部進学コースを受講することで、医学部受験に向けて長期的な視野で学習に取り組むことができるので、着実に合格に必要な学力を身につけることができます。医学部受験に精通した講師陣やスタッフがしっかりバックアップし、最適な志望校選びから学習方法まで指導してくれます。現役合格を目指... 続き

医学部予備校を選ぶときは、振替授業の有無が重要

医学部予備校選びは振替授業のフォローとテキストの相性が重要! 医学部予備校を選ぶときは、指導方法、カリキュラム、講師の質などがもっとも気になります。体験授業のときには自分に合う指導スタイルだと思っても、実際に授業が始まると講師の休講が少なくないということもあり得ます。また、授業の基本となるテキストは1年間使用しますので、自分が取り組みやすい演習内容であるかどうか、相性を考えることも必要です。自分... 続き

福岡の医学部予備校の比較

九州最大の経済都市である福岡は全国的な進学予備校の激戦区の1つです。大手予備校が直営校舎を開校しており、講師の指導力、合格実績の高さで利用者を伸ばしている一方、地域密着型の医学部予備校も、少人数のアットホームな指導で人気を得ています。旧帝大の九州大学医学部を始め、久留米大学、福岡大学などの私立大学医学部があり、医学部志望者には恵まれた環境にありますので、九州で医学部を目指すなら、福岡の予備校が良い... 続き

医学部予備校での小論文対策とは

推薦入試の小論文対策で医学部予備校の実力が分かる! 一般入試と並行して推薦入試対策を行う場合、面接や小論文などの対策指導を受けていれば、一般入試でも役立ちます。特に小論文の対策がきちんとできているかどうかで、その医学部予備校の実力が分かります。小論文対策を指導する講師が医療的な知識に疎いと、単なる作文指導で終わりますので、医療の時事問題に精通しているかどうか見極めることが大事。実際に指導を受けて... 続き

名古屋の医学部予備校の比較

名門国立大学である名古屋大学医学部や、私立大学で人気の藤田保健衛生大学などがある名古屋は、大手を始め、医学部予備校が多数集まっています。それぞれ地元の医学部への進学を中心に力を入れており、地域密着型の地元予備校はもちろん、大手予備校や、首都圏・大都市圏で人気の予備校も進出しています。名古屋は河合塾の本拠地として知られており、医学部進学に特化した医進館を駅前に設置。名古屋大学進学を目標とする名大医進... 続き

推薦入試対策の予備校探しは早めのスタートを!

推薦入試対策の予備校選びは早め早めが合格のカギ! 医学部受験には複数の入試方式があり、一般入試の他に推薦入試があります。各大学の定員は少ないですが、浪人生も受験可能な大学も多く、一般入試より受験科目も少ないので、合格の可能性が高くなります。推薦入試は真面目に積極的に対策に取り組んだ生徒が合格しやすい傾向があります。一般入試より面接や小論文、書類選考が重視され、推薦入試向けの対策が必要です。そのた... 続き

大阪の医学部予備校の比較

東京に次ぐ経済規模のある大阪は、府内に複数の医学部を持つ大学があり、関西圏にも医学部設置大学が多いため、志望校の選択には恵まれたエリアです。国公立大学では大阪大学と大阪市立大学に医学部があり、特に大阪大学は難易度と研究水準は国内トップレベル。私立大学では大阪医科大学が、慶大などに匹敵する難易度を誇ります。大阪は大手予備校を含め、医学部予備校が数多くあり、それぞれ独自の指導方針で高い合格実績を上げて... 続き

予備校の合格実績を鵜呑みにせず、実数を確認!

医学部予備校の宣伝文句や面談内容をそのまま鵜呑みにしない! 医学部予備校を選ぶときに、お決まりの宣伝文句をそのまま受け取るのは、よくありません。確かに「ベテラン」「プロ」と呼ばれる講師はイメージが良いですが、大事なことはつねに校内に常駐して、生徒指導に対応しているかどうかです。合格実績も気になる数字ですが、母数になる人数や合格者の実数が分からないと参考になりません。個人面談で授業時間を増やすよう... 続き

東京の医学部予備校の比較

医学部医学科を設置している大学数が13と全国一の東京。近隣県にも多数の医学部があり、受験生には恵まれた環境です。専門予備校が多く、各校が独自の指導スタイルでサポートしているので、幅広い選択肢から選ぶことができます。また、全国から優秀な受験生が集まるため、業界を代表するような優秀な講師陣から指導を受けられます。寮完備の予備校も多いので、保護者の方も安心です。東京は医学部合格に向けて、充実した受験生活... 続き

予備校は合否の分かれ道!過度の期待をすべし!

医学部予備校への不満は3ヶ月で洗い出す! 新年度から予備校生としてスタートして3ヶ月。6月は予備校生活の新しい環境にも慣れ、友だちもできて、自分の勉強のペースをつかんでいる頃でしょう。と同時に入学したときには分からなかった、気になることが出てきているかも知れません。例えば講師の質問対応が十分ではない、学校のスタッフがあまり親身にサポートしてくれない、今のカリキュラムで本当に合格ラインまで指導して... 続き

大手医学部予備校に通うメリット

医学部受験のための予備校は、大手予備校と医学部受験を専門にした予備校があり、授業形態やサポート体制の違いから、専門予備校の評価が高い傾向があります。一般の学部と違い、専門性の高い医学部は国公立、私立の違いだけでなく、大学ごとに入試傾向が異なるという特徴があります。そのため、医学部受験に特化した専門予備校に注目が集まり、存在感を増していますが、大手予備校の医学部コースならではのメリットもありますので... 続き

責任ある予備校は授業以外でも対応する専任講師がいる!!

授業以外も対応する専任講師がいる予備校が◎! 医学部合格という目的を持って勉強の指導を受けていても、講師の授業が分かりにくい、理解しづらいとヤル気が持てません。医学部合格を実現するためには、集団授業か、少人数指導、個別指導という指導スタイルとともに、講師の質と生徒との相性が合否に大きく影響します。医学部予備校を選ぶ際は、「ベテラン」や「プロ」と言った言葉に惑わされず、専任講師が多数在籍しているか... 続き

学士編入対策で医学部予備校を選ぶ

医学部合格を目指すには、一般入試、推薦入試の他に学士編入試験という選択肢があります。医学部の学士編入試験は国立と私立を合わせ、30を超す大学で実施されていますが、難易度が高く、定員枠も少ないため、一般入試の再受験を選ぶ社会人が多くいます。ただ、編入試験の科目は英語、生命科学、小論文と科目数が少ないのが一般的で、その分、集中して対策できるメリットがあります。文系出身者も学士編入試験を受験できる医学部... 続き

学士編入試験と一般入試、ノウハウのある予備校を選択肢に!

学士編入試験を再受験と並行するなら相応の覚悟が必要! 社会人または大学に在学中の学生が医学部合格を目指す場合、学士編入試験か再受験で一般入試を受けるか、2つの選択肢があります。学士編入試験で合格すると、入学後は一般教養課程が免除され、2年次、3年次に編入できるので、学費もその分、抑えられます。中には文系出身者でも多くの合格者を受け入れている大学もありますが、当然、競争率が高く、学科試験の倍率も高... 続き

通信教育がおすすめの医学部予備校

一般的に首都圏の大学には地方在住の受験生が多く集まる傾向があります。一方、医学部受験の場合は、全国の各大学の偏差値が均衡しているので、地域に拘わらず、全国の大学が出願候補となります。ただ、合格実績の高い医学部予備校は、受験生人口が多い都市部に集中するため、地方在住の受験生の場合、寮生活などの負担がかかります。その点、通学不要の通信教育を受講すれば、地方在住の受験生も医学部に特化した受験対策が可能で... 続き

インターネットを使ったオンライン授業は時間の融通が利く!

家庭教師や塾にはない医学部予備校通信制度のメリットがある! 通信制度はインターネットを使ったオンライン授業を行う受講制度で、忙しい社会人を中心に部活などで忙しい現役高校生にも人気があります。医学部予備校でも昨今、オンライン授業に力を入れ、通学生と変わらない授業内容の質の改善に取り組むところが増えてきました。マンツーマン指導の家庭教師、少人数授業の塾にはない、通信制度ならではのメリットを活かし、通... 続き

医学部受験専門の家庭教師を選ぶ

医学部を受験する生徒は多くが専門予備校に通っていますが、最近の傾向として家庭教師の人気が伸びてきています。家庭教師だけで医学部に合格しているケースも見られるようです。予備校のように医学部受験専門の家庭教師やプロの家庭教師が、年々増加しているのは、受験生の需要が増えているからと考えられます。家庭教師は予備校の個別指導より費用が高額になりがちなので、講師の質を確認し、最新の傾向や対策など情報収集に熱心... 続き

予備校向きの生徒と家庭教師向きの生徒の違いとは?

予備校向きでない生徒が家庭教師で伸びるとは限らない! 大手家庭教師センターでは予備校に向いていない生徒が、家庭教師向きで成績が伸びると宣伝しているケースがあります。はたしてそうでしょうか?予備校に通っているだけで安心してしまうタイプでは、家庭教師に変えても成績が向上することは期待できません。家庭教師で成績を伸ばすためには、基本的に医学部に合格したいという想いが本人にあることが重要です。例え予備校... 続き

現役高校生が選ぶ医学部予備校のポイント

学校の授業を受けながら、医学部受験を目指す現役生の場合、一般的な予備校にするか、医学部専門予備校にするか悩むことがあります。そこで実際に医学部に現役合格した学生に、医学部予備校を選ぶときに大事だと思うポイントをヒアリングした調査を紹介します。調査期間は2016年3月15日から4月10日まで、現役高校生で医学部に合格した316名を対象にWEBアンケートを依頼し、有効回答182名のデータを抽出していま... 続き

現役生は推薦入試のノウハウがある予備校を選ぶべき!

現役生は推薦対策が充実している医学部予備校がオススメ! 医学部の一般入試の倍率は10~15倍なのに比べ、推薦入試の倍率は平均約5倍です。医学部の推薦入試は他の学部ほど、合格の確率が高いわけではありませんが、1点が合否を分けるような熾烈な医学部受験において、倍率が低いことは大きなメリットです。現役生にとって、生活の大半を受験勉強に注いでいる浪人生と、同じ土俵で戦わなくて済むので大変魅力的。現役生が... 続き

私立大学医学部に適した予備校を選ぶ

私立医学部は慶応義塾大学や東京慈恵会医大のような難関大学以外、偏差値は国公立より低くなっています。また、私立医学部は大学によって受験科目や出題傾向に特徴があり、少ない科目で受験できるメリットがあります。ただ、医学部受験の志願者が急増している中、国公立よりハードルが低い私立に志願者が集まり、倍率が年々上がっているという現象が起きています。偏差値では国公立が高く、倍率では私立が高い傾向があると言えます... 続き

国公立医学部を目指せるだけの学力をクリアしているなら併願も!

私立と国公立医学部の併願は余力が必要! 医学部合格の確率を高めるために、複数校に願書を出す併願する受験生が多いです。私立医学部は受験日が大学によって異なるので、複数校を受験しやすく、受験費用や交通費は嵩みますが、5~6校受験する人も少なくありません。また、合格後の学費の負担を考えて、国公立と私立を併願し、国公立に合格できれば、そちらに入学するという受験生もいます。ただ、私立医学部の併願に比べ、国... 続き

国公立大学医学部に適した予備校を選ぶ

同じ医学部受験でも国公立大学を目指すのか、私立大学を目指すのかで受験勉強の内容もレベル変わって来ます。国立大学は学費が安くなりますが、2次試験とは別にセンター試験対策が必要になり、難易度がかなり上がります。国立大学医学部合格者は、多くがセンター試験で9割以上得点しているとみて良いでしょう。また、限られた試験時間でミスを最小限にする集中力と強い精神力が求められます。私立大学より偏差値が高く、勉強量が... 続き

国公立大学医学部はセンター対策の具体的戦略を!

国公立大学医学部はセンター対策だけでは不十分! よく国公立大学医学部はセンター試験で9割取れれば合格できると言われます。確かに国公立医学部合格者のセンター試験の平均点が88~90%という事実はあります。また、センター試験で9割得点できなければ、2次試験を受けることはできないので、センター試験が重要であることは間違いありません。しかし、国公立医学部も2次試験がある以上、2次試験の英数理がしっかり得... 続き

社会人の再受験で合格を目指す医学部予備校選び

いったん社会に出て、サラリーマンを経験した後、医師を目指して再受験する人も少なくありません。学生時代の成績が良くても、受験勉強からは遠ざかっていることが多いので、医学部予備校選びは重要です。フォロー体制が万全でないと、志半ばで諦めてしまうかも知れません。再受験生は年齢も問題になるので、短期間で医学部合格を勝ち取ることも重要です。学習支援体制が充実している医学部予備校をまとめました。 1.少人数・... 続き

社会人再受験生は学習環境と費用負担のバランスを!

社会人の再受験生は学習環境と費用のバランスを考える! 社会人として働きながら、医学部合格を目指すのは至難の業。ほとんどの社会人受験生は、会社を辞めて医学部受験に専念します。学費は自分で工面しなければならないため、予備校の学費は大きな問題です。ただ、受験勉強から長らく遠ざかっているので、まずは受験できるレベルまで学力をつける必要があります。学習量は現役生や浪人生の何倍も必要で、学習のフォロー体制が... 続き

医学部予備校選びで失敗しない見極め方

大手予備校から医学部専門予備校、個別指導、少人数制授業、集団教室などさまざまなサービスが提供されていますが、年々、医学部予備校は増えており、中にはこんな予備校は避けた方が良いというところも存在します。医学部予備校に通い始めて「こんなはずではなかった」と後悔することになったら、一年を棒に振ることになるかも知れません。予備校選びで失敗しない見極め方を紹介します。 合格率が高いことを過度に主張する予備... 続き

合格実績は算出方法を要チェック!

合格実績は指導方法と算出方法を併せて判断する! 医学部予備校を選択するときに気になる合格実績。中でも合格者数は大きな指標になり、その数に惑わされがちです。合格者数のみで選択するのは簡単ですが、個別指導や少人数制を指導方針にしている医学部予備校で合格者数が多い方が、合格を確実にできる指導ノウハウがしっかりあると考えられます。また、宣伝広告に力を入れている大手予備校の合格者数は、各予備校によってカウ... 続き

中学生から医学部を目指すための予備校3選

少子化の影響で最近は子ども1人にかける教育費は増加傾向にあり、中学生から医学部を目指した教育を行う家庭も珍しくありません。医師になりたいという目標が中学生のうちからあるなら、早い段階から準備や対策を取るのに越したことはないです。医師を目指す中学生の多くは中高一貫教育を行う有名進学校に通っており、大学入試に向けて長いスパンで効率よく教育を行えるメリットがあります。中高一貫校でなくても医学部合格者が多... 続き

中高生から医学部受験勉強を開始し、現役合格を!

浪人の医学部予備校生より、中高生から医学部受験勉強! 私立医学部に特に多いですが、国公立医学部でも医学部合格者の半数以上を浪人生が占めている現実があります。1浪や2浪がフツーで、3浪以上の多浪生も珍しくありません。医学部に現役合格することが、いかに厳しいかということが分かります。現役合格者の多くが中高一貫校の進学校に通っているというのも大きな点です。高校受験を経験せず、大学受験に向けて6年間の長... 続き

医学部合格者が予備校選びで気になる3つのポイント

一般の予備校に比べて学費が高額な医学部予備校。予備校選びに失敗すると、高い授業料を翌年も負担しなければならなくなります。そのため医学部予備校選びは、間違いなく確実に合格が狙えるところを選びたいですね。医学部合格者はどんな点を基準にして予備校を選んだのか、気になるポイントがいくつかあります。すべての条件を満たす予備校はないかも知れませんが、どちらを選ぶか迷ったときの判断基準にすると良いでしょう。 ... 続き

渋谷駅周辺は恵まれた住環境にあり、地方出身者が選ぶ有望なエリア!

地方出身者は住環境も重視して医学部予備校を選ぼう! 医学部が集中している東京には医学部予備校も多数集まっています。医学部合格者の多くは地方出身者で、マンションや寮に入って予備校に通う受験生が多数派です。初めての東京での生活と受験勉強を両立させるには、予備校の専用寮かマンションタイプの寮に入る方が良いです。その場合は周囲の環境も重要で、繁華街に近く、夜間の騒音が気になるような場所、予備校の行き帰り... 続き

医学部合格者が選ぶ予備校の見落としがちなポイント3つ

難関の医学部にチャレンジするには現役合格を目指すにしても、予備校で受験勉強に備えることが必要です。現役合格者の多くは中高一貫の私立高校から受験したパターンが多く、公立の進学校から現役合格を目指すのはかなりハードルが高いことは否めません。1~2年の浪人を覚悟で医学部受験に臨むにしても、確実に合格を狙うためには予備校選びがもっとも重要な課題になります。一般的には指導方法やクラス編成人数が注目されますが... 続き

医学部予備校を選ぶときは、自分の不得意分野を補う予備校を選ぶ!

医学部合格のために総合力を高めてくれる予備校を選ぶ! 国公立医学部でセンター試験の回答率は9割、偏差値は70以上、私立医学部でも60以上は最低ラインです。医学部合格を目指すには学力の全体的な底上げがまず必要ですが、理数系に強い人でも英語が苦手だったり、学科試験では点数をクリアしても小論文や面接が苦手だったり、得手不得手はあるものです。医学部受験を突破するには学力、状況判断力、対応力など医師として... 続き

医学部合格者が考えた予備校選び3つの視点

年々、難易度が高くなっていると言われる医学部受験。現役、浪人生に社会人の再受験生も増えているので、ますます狭き門になりつつあります。医学部受験熱を受けて医学部受験向けの予備校も増えており、全国展開している専門予備校も見られるようになりました。一方で昔から難関大学受験専門の予備校や塾として実績のあるところも、変わらずに存在感を示しています。医学部に合格するためには自分に合う予備校を見極めることが重要... 続き

予備校選びは質問対応が充実しているかどうかが見極めのポイント!

予備校選びは授業時間や演習時間だけでは計れない! 医学部予備校の平均的な授業スケジュールは朝9時から夜9時までの開校時間に、80分×5コマ授業というのが一般的です。予備校によっては1コマ120分で1日3コマだったりしますが、授業終了後はテストや自習、質疑応答、個別指導などコースによって選べる点は同様です。圧倒的な授業時間数や豊富な演習時間をPRする医学部予備校がありますが、大事なことは合格で... 続き

地域別に選ぶ、おすすめの医学部予備校

医学部が集まっている東京には医学部予備校が非常に多いですが、東京に出て行かなくても、実績の高い医学部予備校は地方にもあります。できれば実家から通えるところで、集中できる学習環境があればベストですし、経済面でも負担が少なくて済みます。全国展開している有名予備校なら、地域密着型の医学部予備校を選ぶこともできます。ただ、一般の予備校ほど全国展開していないので、通学に便利な地域から指導力の高い予備校を見つ... 続き

大手予備校の医学部コースより地元の医学部専門予備校!

地方の場合も医学部専門予備校を選んで正解! 国公立大学の医学部は全国に散らばっているため、地方在住者も地元で医学部受験の選択肢はあります。偏差値レベルの問題はありますが、最近は私立大学医学部の偏差値レベルも上昇傾向にあり、以前ほど国公立と私立の学力差は大きくありません。医学部予備校は一般の大手予備校のように全国展開しているところが少なく、その分、地元医学部の受験対策に精通しています。大手予備校の... 続き

学費が安く、コスパが良い医学部予備校を選ぶ

一般の予備校に比べて医学部専門予備校は学費が高いというのが一般的なイメージですが、中には比較的手ごろな費用で済む医学部専門予備校もあります。その多くが予備校独自の基準による選抜試験に合格した選抜メンバーであることが条件となります。ただ、年間の基本料金自体がリーズナブルな予備校もありますので、経済的負担を抑えることは可能です。 しかし、学費が安くても適切な環境で医学部合格に必要な指導を受けられるこ... 続き

特待生制度を利用して学費を抑える方法がおすすめ!

学費を抑えるなら医学部予備校の特待生制度を利用する! 全国の医学部予備校の学費を平均すると、年間で約400~600万円の学費が必要になります。さらに夏期講習を受けると30万円以上、その他の講習費用や模試の代金を含めると非常に学費が高額になります。一方で極力、受験指導以外の費用を抑えて、大手予備校並みの学費を実現している医学部予備校もあります。重要なことは自分にとって結果に結びつく医学部予備校はど... 続き

寮や学習環境、サポートが充実している医学部予備校を選ぶ

限られた受験期間で志望する大学の医学部に合格するためには、指導方法や授業カリキュラム、講師の質、医学部受験に関する情報量などはもちろん、生徒が受験勉強に専念できるような学習以外の生活面のサポートも見落とせません。特に地方の受験生の場合、予備校に寮があるか、食事や健康管理など生活面のサポートを受けられることは重要です。校舎の設備、教務スタッフのサポート、毎日、健康管理や安全に気を配ってくれる寮生活が... 続き

マンションタイプの専用寮がある予備校は合格させる体制がある

マンションタイプの専用寮がある予備校は合格実績がある! 東京には医学部のある大学が多数あるため、医学部専門予備校も集中し、激戦区となっています。大手予備校の医学部コースもありますが、医学部専門予備校には専門校ならではのネットワークを生かした受験情報の豊富さ、専門的な指導、ノウハウがあり、全国から医学部志望の生徒が集まります。そのため、専用寮や下宿先を紹介するなど生活面のサポートに力を入れる予備校... 続き

少人数制授業で定評がある医学部予備校

個別指導のように1対1のマンツーマン授業ではないですが、少人数制のクラス授業も生徒の学力向上の効果が期待できる指導法です。同じ学力レベルの生徒同士で競い合ってモチベーションを高めることもできますし、少人数なので講師の目が届きやすく、生徒1人1人の学力や理解力に合わせ、きめ細やかな指導をすることができます。1人だとつまずきがちなポイントをクリアしやすくなり、仲間がいることで受験生活の苦しさや大変さを... 続き

個別指導より少人数制の方が学習定着度が高い!

個別指導より少人数制の方が学習の定着度が図れる! 医学部予備校の指導方法は集団講義や動画学習、個別指導、少人数制指導の3パターンがあります。どのパターンでも重要なのは授業で学習の定着度が図れるかどうかです。よく集団講義は生徒1人1人に合った指導ができないので、個別指導の方が学習効率は良いと言われますが、受験勉強のペースづくりが難しいこともあります。また、学習の定着度は講師のレベルにもよります。最... 続き

個別指導で評判の医学部専門予備校

1点差が命運を分ける医学部受験では、限られた期間の中で自分のペースを作り、学習を効率化して、効果を最大限に発揮することができるかが、合否を分けるカギになります。医学部専門予備校では個別指導のマンツーマンでしっかり指導を受けることが、大きなメリットになるでしょう。オプションやコースの1つとして個別指導を行う予備校もあれば、生徒全員を個別指導している予備校もあります。個別指導で定評のある医学部専門予備... 続き

集団講義や動画学習の学習効果は相応

医学部予備校の集団講義や動画学習は要注意! 大手予備校では集団講義が一般的で、それだけ多くの受験生が在籍しているので、受験生同士の競争意識が生まれやすくなります。校内模試の順位を上げることを目標に受験勉強の励みにすることもできます。しかし、受験生一人ひとりの学習効果を考えると、非効率なことばかりで、ごく一部の競争意識の高い受験生を除いて、デメリットの方が大きいと言えます。医学部専門予備校に個別指... 続き

合格実績が高い東京の医学部予備校学費ランキング上位3校

全国の医学部予備校の学費を平均すると年間400~600万円、さらに夏期講習に30万円以上、そのほかの講習代が必要な医学部予備校がほとんどで、非常に高額です。駿台や河合塾など大手予備校の医学部コースの学費は、年間100万円程度なので5倍以上の価格差があります。しかも、学費の高さに合格実績が伴っているとは限りません。そこで合格実績が高い東京の医学部予備校で、学費が安いランキング上位3校を紹介します。 ... 続き

実績のある医学部予備校は保護者間の口コミネットワークで選ばれる

保護者間のネットワークで選ばれる医学部予備校がホンモノ! 一般の予備校に比べて高額な医学部専門予備校の学費。年間の学費は大手予備校の医学部コースの5倍以上にもなります。難易度が高い医学部受験だから特別な授業プログラムがあって、100%に近い合格率を誇っているというわけではありません。医学部専門予備校の学費のほとんどは広告宣伝費用のために使われると聞きます。広告に費用をかけるなら、授業料を安くする... 続き

通信制度を採用している医学部予備校を選択肢に入れる

個別指導が主流の医学部予備校ですが、通信制を採用している予備校はそれほど多くありません。しかし、中にはインターネット回線を利用した、マンツーマンのオンライン授業を積極的に取り入れている予備校もあります。通信制でも授業の質を高める工夫をしていれば、通学にこだわらず、医学部合格に向けた受験勉強はできます。自己管理に自信がある、マイペースで受験勉強を乗り切りたい、なるべく費用を抑えたい受験生は通信制もひ... 続き

通信制の医学部予備校は限られた時間を最大限有効に活用できる

通信制の医学部予備校は時間を有効活用できる! 医学部予備校の平均的な授業時間は一般の予備校の1.5倍にもなると言われます。通学生の場合は、授業時間にプラス移動時間が必要になり、集中して勉強できる時間は限られます。専用寮があれば、入寮する方法もありますが、それだけ費用が嵩みます。通信制と言っても、今はインターネット環境が当たり前になり、オンラインサービスが充実しているので、自宅にいても、校舎で授業... 続き

専用寮がある医学部予備校で協力しながら競争意識を築く

地方出身者にとって、予備校の学生寮は費用の面でも健康管理の面でもメリットが大きいです。ただ、学部を問わず予備校の学生なら入寮できる一般的な学生寮や、提携しているワンルームマンションに入居するだけの場合もあります。その点、医学部予備校の専用寮は一般的な学生寮や提携寮とは異なり、その予備校に通う学生しか入寮することができません。医学部合格という共通の目標に向かう受験生同士が生活も共にすることで、協力し... 続き

全寮制の医学部予備校で医師になるために必要な資質を育てる

医学部予備校の全寮制で求められるのは医療人教育! 専用寮のある医学部予備校は、通学制とどちらか選べる予備校が多いですが、全寮制にこだわるところもあります。全寮制は行き帰りの移動時間をゼロにし、勉強時間の効率を高め、規則正しい生活を送ることで、生徒にとって最適な学習環境を提供するという大きなメリットがあります。しかし、学習環境だけでなく、医療に携わる人材を送り出す予備校として、医療人を育てる環境も... 続き

医大生チューターが強力サポートする予備校

医学部予備校は少人数制、個別指導が主流になっていますが、生徒を指導するのは経験豊かなプロ講師だけでなく、生徒の立場になって受験勉強の課題や質問に答えてくれる、現役医大生の存在も大きいです。そのため、現役医大生をチューターとして導入している予備校が数多くありますが、その中で積極的に活用している予備校を選んでみました。 医進の会 医学部受験に精通した一流プロ講師によるオーダーメイドの個別指導を... 続き

医学部予備校で現役医大生のチューターと交流を!

医大生によるチューター制度は医学部予備校でこそ生きる! そもそもチューターとは、大学において学士課程の学生へ個別に学習アドバイスをしたり、教授の補佐を行ったりする者のことを言います。ティーチング・アシスタント(TA)とも呼ばれ、同じ学科の大学院生がその役割を担うことが多く、国内の大学でも1990年代後半から報酬を支払う、正式なチューター職として制度を導入されています。専門的知識を探求する教育分野... 続き

合格保証制度のある予備校で万全の受験対策

年々、受験者の増加により難易度が上がっている医学部受験。懸命に努力して勉強をしていても合格する保証はありません。一般の学部とは違い、医師を目指すための登竜門ですから、合格しなければ医師への道も閉ざされてしまいます。そこで、医学部合格を確実にするために、合格保証制度を設けている予備校を選びました。 1.偏差値40から医学部合格を目指せる慶応進学会フロンティア 徹底してムダを無くした効率の良い... 続き

医学部予備校の合格保証制度と授業料返還制度

医学部予備校の合格保証制度は真面目な努力があってこそ! 一般の予備校には合格保証制度や、授業料返還制度を取り入れているところがあります。合格保証とはその年に合格できなかった受験生が、翌年も追加費用なしで予備校の授業を受けられる制度です。返還制度とは、それまでの授業料の一部または全額を返還する制度です。医学部予備校の場合は授業料が高額ということもあり、返還制度ではなく、合格保証制度を取り入れている... 続き

40年以上の指導実績がある医学部専門予備校

医学部予備校選びの条件として業界での指導実績と共に、指導年数があります。開校してすぐに実績は作れませんので、医学部予備校としての指導年数は、そのままそれだけ実績があることの証明になります。ここ数年の医学部受験人気を受けて、医学部専門予備校が増えていますが、医学部受験者が増える、ずっと以前から医学部専門予備校として定評のある予備校があります。伝統と実績に裏打ちされた信頼できる予備校を選びました。 ... 続き

情報力と分析力を活かした指導方針が重要

伝統ではなく、情報力と分析力で変化に対応できる予備校を! 医学部専門予備校を選ぶ際、指導実績と年数は大きなポイントになります。ただ、開校○十年となると予備校の伝統に重きが置かれ、指導方針を伝統として守ることを価値とみるようになる場合があります。そうなると必ずしも受験生のための指導方針とは言えず、悪くすると学校の名声を守るためのモノになってしまいます。指導実績・年数を伝統にするのではなく、長年の指... 続き

1対1の個別指導で授業料が安い医学部予備校

医学部専門予備校の個別指導タイプは、集団授業タイプに比べてどうしても授業料が高くなります。ただ、実力派の講師陣を揃えた独自の学習カリキュラムで、ムダのない効率的な学習を実現し、授業料を抑えた医学部専門予備校は存在します。ここでは1対1の個別指導で、1時間あたりの授業料が8,000円以下、尚且つ、きめ細やかな指導で着実に成果を上げている予備校を選びました。 1.理想の予備校を目指す横浜予備校 元... 続き

苦手教科のみ集中して個別指導を受け、苦手分野の克服を

苦手教科のみマンツーマン指導の選択もあり! 医学部専門予備校では、全教科をマンツーマンで指導してもらわなくても、苦手教科のみ希望する受験生も少なくありません。医師を目指す以上、ある程度の偏差値レベルは求められますが、特にセンター利用の場合、5教科すべてで9割近い高得点を出すためには、苦手科目の克服がポイントになります。他の教科ではこれまでの学習方法で成果が出ているので、個別指導の授業でなくても問... 続き

少人数クラス制で授業料が安い予備校を選ぶなら

医学部専門予備校は個別指導タイプが人気ですが、その分、授業料は割高になります。医学部専門予備校の場合、大手予備校のように1クラス100名規模ということはなく、多くても数十名程度です。ここでは1対1の授業ではない複数人数のクラス制で、授業料が安い医学部専門予備校を集めました。年間授業料が安くても、総授業時間が少ない場合もありますので、1時間あたりの授業料が3,000円以下で、生徒一人ひとりに目が行き... 続き

低料金プランの医学部予備校

授業料が安い医学部予備校は自習時間の確保がカギ! 医学部予備校は個別指導よりもクラス制授業の方が、授業料は安いですが、一人ひとりの学力に合わせたきめ細かい指導は限界があり、施設の環境にも多くの経費はかけられません。その中で入学金数万円、年間授業料100万円以下、限られた授業時間内でも、確かな指導実績を上げている医学部予備校はあります。医学部受験ノウハウを熟知し、学習ポイントを押さえ、生徒の自習時... 続き

予備校に通うことで得られるのは目標を達成する勉強法

医学部予備校は他の大学予備校に比べて費用がかかり、合格後の大学の授業料まで考えると負担は大きいですし、予備校に通って努力したとしても実らないこともあります。一番避けたいのは「一年間必死に勉強したことが報われないこと」ですが、お金や時間を投資するからこそ、自分の実力を最大限発揮し、医学部合格の可能性を高めることができると言えます。ここでは予備校に通うべきか悩む受験生に、予備校に通うことでしか得られな... 続き

ネット環境を利用したオンライン授業の通信コース

オンライン授業の予備校で通信コース選択もあり! 医学部専門予備校には個別指導の授業スタイルが多いですが、ネット環境を利用したオンライン授業を行う医学部予備校が最近見られるようになりました。通学コースとオンラインの通信コースから選べて、通信コースは個別授業と集団授業の2タイプを用意している予備校もあります。家庭教師や塾のマンツーマン指導とも違い、医学部専門予備校の通信コースならではのメリットがあり... 続き

「予備校」と「塾」の本当の違いを知っていますか?

医学部専門予備校は医学部合格に特化した予備校ですが、医学部合格を目指す専門塾も存在します。 「予備校」と「塾」という名前の違いだけでなく、まず、それぞれの目的、役割の違いがあり、学習指導、受験対策ノウハウの指導、学習環境の提供などが大きく異なります。 医学部は難易度が高く、専門的知識が求められる特殊な学部のため、医学部予備校も専門塾も学習指導では共通点もありますが、まず、基本的な「予備校」と「... 続き

医学部専門予備校の完全個別指導とは

医学部予備校と専門塾の違いは個性の違い! 一般的な大学予備校と学習塾では目的と役割に違いがありますが、医学部受験のための予備校と専門塾には、医学部合格を目指す共通の目的があります。目的が同じなので、学習指導や受験対策ノウハウ、学習環境などどちらも力を入れている点は同じで、実際、「塾」を名乗る医学部予備校もあるくらいです。受験対策の専門性を問われる医学部では、予備校と塾の違いは個性の違いと言って良... 続き

きめ細かい専門的なサポート環境がある医学部予備校を選ぶ

医学部に合格するという初志を貫徹するためには、本人の強い意志が必要ですが、本人の学習へのヤル気を支えるためのサポート体制がどのくらい充実しているのか、医学部予備校を選ぶときには気になる点です。孤独になりがちな医学部受験生に必要なきめ細かいサポート環境を上げてみました。 1.現役医大生のチューターが在籍している 現役医大生のチューターが在籍している医学部予備校では、学習面の質問だけでなく、生活に... 続き

マンツーマンの完全個別指導と担任制が効果的

完全個別指導と担任制のサポート体制がベスト! 難易度の高い医学部受験は、高いハードルを超えるために、まず、生徒の現在の学力を把握し、医学部合格ラインに届く学力を根気強く身につけさせていく指導が必要です。そのためには予備校側の視点に立った一方通行的な集団授業より、1人1人生徒に合わせた完全個別指導が有効です。プラス医学部合格までの長期計画を一緒に考え、相性の良い大学を志望校に選ぶなど生徒をサポート... 続き

学力向上を着実にバックアップする医学部予備校を選ぶ

医学部専門の予備校には、大手予備校にはないメリットが色々あります。大教室で受験生が集団で授業を受ける一方向の授業ではなく、少人数授業、個別指導であることが多く、講師は医学部受験に精通し、学力の定着化を図るために、宿題や小テストで復習させるなどきめ細かい指導が可能です。医学部予備校を選ぶときは、受験生の学力向上を着実にバックアップしてくれる体制があるかどうかがポイントです。 1.迅速な質問対応体制... 続き

個別指導と家庭教師の違い

医学部予備校の個別指導は家庭教師とは違う! 大手予備校にはない、きめ細かい学習指導が期待できる医学部予備校。個別指導や少人数授業が多く、生徒1人1人に向き合い、それぞれの学力に応じた勉強方法を細かくアドバイスしてもらえます。個別指導と言えば、家庭教師も1対1で指導する方法は変わりません。家庭教師は自宅に来てもらうこともできますし、生徒のスケジュールに合わせて学習の進捗ペースを考えてもらう... 続き

大手予備校にはない特色のある医学部予備校の魅力

河合塾、駿台、四谷学院など大手予備校は、多くの大学受験の指導ノウハウの蓄積がありますが、医学部受験に特化しているわけではありません。医学部受験は国公立、私立共に難易度が高く、学習範囲も幅広い、または大学によって出題範囲の傾向が異なるという特殊性があります。そのため、医学部予備校は各校それぞれの指導方針、独自のカリキュラムを持つところが多いです。医学部予備校を選ぶときは、その特色を理解するよ... 続き

医学部予備校の良し悪しを決めるのは受験情報力!

医学部予備校に通うのは、志望校レベルに合わせて自分の学力を上げることが主要な目的です。しかし、受験生の中には宅浪でも勉強に集中できる人がいて、学力を上げるだけなら予備校に通う必要性がない人もいます。医学部予備校が一般の大学予備校と大きく異なるのは、医学部に特化した受験情報力が豊富にあることです。医学部特有の小論文や面接など二次試験対策は、特に私立大学では重要で、大学ごとに異なる出題傾向を把握する必... 続き

医学部予備校選びで失敗しないための3つのポイント

毎年、難易度が上がっていると言われる医学部受験。難関試験を勝ち抜くためには、受験生の努力を最大限引き出して、合格への可能性を最大限高めてくれる予備校のチカラが欠かせません。しかし、医学部受験専門の予備校でも合格率100%には及ばないのが現実です。ひとつは受験生と予備校の相性が合わなくて失敗することが考えられます。予備校は最初から1つで決めるのではなく、複数の予備校を比較検討することをオススメします... 続き

合格保証制度のある医学部予備校なら確実!

合格保証制度のある医学部予備校なら確実! 志望校合格のために、多浪も珍しくない医学部受験は、予備校選びが合否に直結します。学習指導力が高くて、自習環境が揃っていても、医学部合格が確実かと言えば、その保証はありません。ところが、合格保証制度を設けている医学部予備校があります。教育事業ですから、「医学部に合格できなければ、受講料は返金します」というものではありません。合格できるまでサポートを保証する... 続き

口コミは信用していいのか?

信用できる情報とは? さぁ予備校を選ぼうと言った時に選ぶ基準に人の意見を見て決めよう!という人は多いはず。 でもその意見。本当に信用できますか? 人に聞いたほうが的確な意見はもちろんありますし、参考になるものもあります。 でもそのまま鵜呑みにしちゃダメ。 やはり予備校の選択は、評判だけに頼らずに、自分でしっかり自分にとって最適な予備校を選ばなければいけません。 だって、たとえば自分... 続き

個人対策は、フォローではなくメインです!

予備校は集団授業が基本 メインというのは、個人塾や家庭教師のほうが良いということではありません。 そうすると、やる気のない子はより面倒な気持ちが勝ってしまいます。 予備校は授業選択制なので、同じ苦手意識や向上意識を持った学生が周りにいるので刺激になりますし、危機感を持つことができます。 これは個人指導にはない大きなメリットです。   メインというのは、... 続き

失敗しない予備校の選び方

受験前の最も大事な時間の大半を過ごすのですから、予備校選びはとにかく入念なチェックが大切。 どんな指導をしているか、自分が勉強に集中できる環境が整っているかなど、予備校の特色を把握して自分との相性を考えましょう。 個別指導がいいか、大勢で学ぶ方がやる気が出るのかなど、集中できる学習スタイルは人それぞれ。 実績の高さや知名度、学費などのデータだけが判断材料ではありません。 医学部受験合格者は... 続き

予備校授業料の比較

  予備校に通うのにもお金がかかります。 一体どのくらいかかるのでしょうか。大まかに説明をすると医学部専門の予備校の学費は、200万円から500万円と高い傾向があります。大手予備校の医学部コースだと、他の学部のコースと変わらないのでだいたい60万~となっています。 この金額を見るとやはり医学部専門予備校だと、経済的負担が大きく学費の安い大手進学予備校を選んでしまいが... 続き

評判の良い講師の予備校を選ぼう!

予備校選びのポイントは、授業形態だったり、少人数制なのか集団なのかということですが、ぜひ予備校に常勤している講師についてもチェックしましょう。 個別予備校なら自分と相性の合った講師を選択することができます。 一緒に医学部合格を目指して勉強していくわけですから、自分の学力、苦手な部分というのをしっかり把握してくれる講師を選びましょう。   ・講師との相性や人柄をチェ... 続き

医学部を目指す為の予備校選び(初級編)

  1.東京には医学部予備校が多数存在 医学部の予備校を選ぶ場合には東京がよいでしょう。 多くの予備校が点在する東京では医学部においてもその数、質ともとても良いです。 自分の目標学校にあった予備校選びが必ず実現できるのが東京の予備校です。 他の地域に比べてコスト高になるかもしれませんが、その講義内容、講師陣、勉強環境はやはり東京を選択したほうが選択肢も多く好都合... 続き

自分に合った授業スタイルで合格へ一直線!

予備校を選ぶとき、自分の学力や志望大学に向けた対策を行っている 予備校を決めることはもちろん大事です。しかし、その予備校が個別なのか集団なのかによっても大きく変わってきます。 個別授業と集団授業の予備校でそれぞれメリット、デメリットがあります。   1.個別授業 “自己管理が苦手な人におすすめです。” 個別授業は、個人の成績を伸ばすのに最も適しています。... 続き

予備校選びに失敗しないために心に留めておくたった1つのこと

大学受験までもう少し。 この時期からの予備校選びで悩んでいる方も多いはず。 いち早く予備校を決めて勉強に励みたいところ。 その予備校を決めるにあたって心の留めておくことを1つご紹介します。 それは「きちんと自分にあった授業を選ぶこと」です。 「どの授業を選んでいいか分からない」 こんな悩みを抱えている方は多いと聞きます。 授業の選択の仕方は以下の2つから考えることがオ... 続き

PAGE TOP