医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

★医進塾・早稲田ゼミナールへ行ってきました★

img06-1

7月も蒸し暑いある日。
いつものように予備校周りに精を出す私。

本日は「医進塾」に学校見学へ。
事前に見学に行くことを電話で伝え高田馬場へ到着し、歩くこと15分。
地図で確認していましたが、少し迷ったので15分かかってしまいました。

大きい通りの1つ入った通りにありますので行く予定のある方はしっかり確認したほうが良いですね。
というより私が方向音痴なだけですかね(笑)

無事に学校に到着して受付にご挨拶。
ここで思ったことが1つ。

外観から内観の第一印象はまさに「病院」!
外観はまだしも中に入ったらまさに病院の様な雰囲気。

病院の中でも老舗な病院です。暗いし、暗いし、暗い。
なんで電気つけないんですかね!?(笑)

ついていたのかもしれませんがなんか暗い。

受付のオネエサンも暗い。

そんな中、傍らにあった椅子で待ちます。

待つこと3分くらいでしょうか。かなり早い対応でそこは驚きました。

案内されるとそこには塾長さんが。
木山さんという方で大きい方でした。なぜ黒いスーツに黒いシャツなのでしょうか。
爽やかさが一切ありませんが説明がスタート。

img06-2

【塾長さんとのやり取りはコチラ】

こちらの予備校は1クラス6~7人の少人数制。
個別指導も必要な生徒には促しているようですがあまり情熱を感じません。

なぜか塾長、緊張している!?

あまり学校説明に慣れていらっしゃらないのか・・・
そんなはずないと思いしっかり質問していきました。

夏と正月に合宿を行っているようでして少人数制の授業体制と授業時間数の多さをウリにしているようでした。

話しの中でしきりにお話にあがったのが「その生徒に合わせた環境づくりを提供すべく取り組んでいると言う事」みたいです。
講師の人数は約30人ほど在籍しているようでしてわりと多い印象ですね。

説明の終了後、塾長さんが外まで見送られたのですが、その際に生徒さんが数名いらっしゃいました。全員が医学部を目指しているという感じではないですね。

ただ生徒に合わせた環境を作ってくれるのは良いですね!

ただ、、とにかく電気つけて!!(笑)

PAGE TOP