医学部合格のために自分にぴったりの予備校を選ぼう!

★進学塾ビッグバンに行ってきました★

img02-1

2015年7月某日、ふと思い立って医学部を受験しようと都内の医学部予備校のパンフレットを右から左まで目を通す日々。

そんなある日、やはりふと思い立って手当たり次第に説明会的なものを受けてみようと決心。
本日は1校目の「進学塾ビッグバン」へ行ってきました。

ビッグバンはJR御茶ノ水駅から徒歩で5分ほどの場所。
分かり易い場所ではないですが通りに面しているのですぐにたどり着きました。

ちょっと暗い感じのエレベーターに乗っていざ、ビッグバンへ!
ビルの4Fに着くとわりかし綺麗なエントランスでした。

後々分かりましたが2フロアを使っており、全体的に明るく綺麗な印象。

いきなりビッグバンに現れた私は面談室の様な小部屋へ案内されました。
ここで気になる受付のお姉さんですが、突然の訪問にも関わらず優しい感じの微笑みで迎えてくれました。
冷たい麦茶も美味しかったですよw

img02-2

待たされている間に小部屋の様子をチェックしてみました。

全体的に狭いです。5畳くらいの小部屋でしたが家具や備品は新しく綺麗で清潔感がありました。
ビッグバンのガイドブック、参考書的な書籍も嫌味にならない程度においてあり中々の好印象なお部屋でした。

待つこと20分くらいでしょうか・・・(結構待たされた感じ)

30代半ばであろう男性の担当の方が登場。

さすが広報的(?)な担当者だけあって清潔感のある身なりとハキハキとした口調。
私の話も細かく聞きながらもビッグバンの説明もちょくちょく入れてくる良い感じの説明スタイル。

細かいやり取りの模様は【質問のやり取りはこちら】にてご紹介します。

こちらの予備校は1クラス5名程度の少人数制。
教室見学の時に少し覗かせてもらいましたがやはり5~6人に対して先生は1人、前に立って授業をするオーソドックスなスタイル。

面談に話を戻しますと、今回私は再受験でブランクがあるとのことでしたので執拗に個別指導を進めてきます。
執拗にというか個別でないとついていけないからでしょう。
学力が身についてきたら集団授業に入ってもOKとのことでしたのでまずは中学レベルからしっかり個別指導で勉強する必要があるみたい。

何と言っても私は高校を卒業してから10年も経つサラリーマンですから。

クラスは3つのレベルに別れており、授業の内容の理解度やレポート、小テストの結果などで決まるようです。
極めつけは小テストや日々の授業を受けている様子などを実家の両親に定期的に連絡をしてくれると言う事。嬉しいのやら悲しいのやらです。
実家の両親からすれば報告があるのは嬉しい事。学習する予備校生にしてみれば緊張感が合って良いってことですかね。

img02-3

このくらいで行内見学をどうぞとのことでいろいろ見て回ることに・・・・

校内は全てカーペット張りで清潔に保たれており、教室は広くはないですが広さに対して丁度いい数の机が並べてありました。生徒数は決して多いとは思いませんでしたが集団授業のほかにチラホラ自習をして頑張っている生徒さんもいらっしゃいました。

別館にある8/1オープンの個別指導ブースも見学させてもらいましたが非常にきれいなつくり。こちらもカーペットが敷かれていて非常にキレイ!新しいので当たり前かもしれませんが、個別に自習できるようにしっかりした机が並べられていました。
教室の広さに対して机の数が少なかったのでゆとりをもって勉強が出来る環境だと思いました。
そんなこんなで合計2時間くらいしっかりとした校内見学、説明が終了。

担当の方も外まで見送りに来てくれて、何と最後に代表の方が本を出版しているらしくその本をプレゼントしてくれました。
講談社「逆算式勉強法なら偏差値40でも医学部に入れます」松原好之

その後、数日たってからのメール連絡をしてフォローをしてくる徹底ぶり。

私個人としては良い印象の予備校の1つでしたね!

PAGE TOP